薬剤師の私が病院に転職をして判ったこと

病院は本当にお給料が安い

ただし今も述べたのですが、病院は本当にお給料が安いです。
私は手取りで毎月25万円ほど、寧ろこれでも稼いでる方だと思います。
同じようにキャリアアップを目的とするなら我慢はできるのですが、万が一楽をして稼ぎたいというスタンスの人がいれば間違いなく向いていない職場でしょう。
片や実績豊富な薬剤師がドラッグストアで働けば、月に50万円は得られるとも言われています。
私もキャリアは短いですが転職前はドラッグストア勤務だったため、収入面で下降気味になるのは懸念材料でした。
もう1つ、人が多いということは人間関係のトラブル発生率も高いです。
看護師同士のいじめに遭遇した際は、どうしていいのか心底困り果ててしまいました。
薬剤師同士でもぶつかり合うことはあり、酷い職場だと嫌がらせやいじめが起きたりもします。
私は今は問題ないですが、働き始めた当初に少し先輩から嫌味を言われていました。
すぐにその先輩が辞めて事なきを得たものの、転職前の求人情報からは見えない要素ですから注意が必要です。
きっと人の入れ替えが激しいのも、これらの理由があるのでしょう。
働き始めるまでは自分の目的意識ばかりに囚われて、あまり深く特有の問題点には着目していませんでした。
転職をしたらイメージと違ったという理由で、すぐに離職してしまう人もいるのではないかと感じています。
とはいえ肝心のキャリアアップについては、こうしたトラブルを乗り越えた経験も含まれるのではないかと学習しています。
人間関係の悩みはどの職場でもあることでしょうが、薬剤師はなりたがる人も多いのである程度身構えておくに越したことはありません。

昨年に地元の市民病院に転職をしました病院は本当にお給料が安い病院勤務は実に多種多様な経験ができて貴重なのは違いありません