糖尿病 症状 食事

糖尿病に有効な食事療法はどんなものがある?

糖尿病に有効な食事療法とは!

糖尿病になってしまった場合に、治療方法はいくつかの選択肢があります。

その中のひとつとして、糖尿病を食事によって改善する食事療法を選ぶ人が増えています。

その理由として、薬のような副作用の心配がいらないということや、
実際に効果があったという声が多いということが考えられます。


では糖尿病食事療法にはどのようなものがあるでしょうか?

最もオーソドックスな食事療法として、エネルギー制限食が挙げられるでしょう。


一日の摂取カロリーを約1600キロカロリーと決めて、
一食ずつカロリー計算をする食事療法です。

このエネルギー制限による糖尿病食事療法は、エネルギー計算が煩雑なため
実践するのにかなり苦労します。

また、人間の体のしくみを無視していて、高い効果が望めない場合が多いそうです。


そこで、最近では、従来のエネルギー制限食にかわって、

糖質制限食という食事療法を取り入れる人が増えてきています。

では、この糖尿病に効果が高いとされている糖質制限食とはどのような食事療法でしょうか?

糖質制限食とは?

それは、血糖値を上げにくい食事をするというものです。

こちらは、面倒なカロリー計算などはしません。

食事の中の糖質を極力減らすという簡単な食事療法です。


食事の大半を糖質ではなく、タンパク質と脂質が占めることとなります。

タンパク質と脂質は血糖値を上げる働きがほとんどありませんので、
インスリンが大量に分泌されることはないのです。


糖質をまったく摂らなくても大丈夫なのかと、心配になるかもしれません。

しかし、血糖値が急激に上がるような白米や食パン、芋などの野菜、
甘いものを避けるようにするだけですので、ある程度の必要な糖質は摂ることになりますし、
糖質は様々な食材に含まれていますので、まったく摂らないということにはならないのです。


また最近では、脳のエネルギー源はブドウ糖だけではないという見解も広がりつつあります。

脳の栄養はブドウ糖だけだからと、甘いものを食べている人には、
目からうろこな情報かもしれません。


しかし実際に、甘いものを避けるようにすると、頭の働きが冴えてきたという人も多いようです。

この糖尿病食事療法は副作用もありませんので、安心して実践することができます。




■その他の関連記事 Pick up!



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional