糖尿病 症状 食事

糖尿病の食事レシピの簡単な工夫とは?

糖尿病の食事レシピの簡単な工夫とは?

糖尿病のための食事レシピを考えるとき、どんな工夫をしていますか?

エネルギー制限による食事療法を実践している場合であれば、カロリー計算をして、食事全体のエネルギー量に気を配ったレシピを考えることでしょう。


食事のカロリー計算をしながらレシピを考えるのは、かなり面倒で努力が必要なことでしょう。

また、実際に、糖尿病のためのエネルギー制限された食事というのは、食べても満足しない内容であることも多いでしょう。

そして、糖尿病に対する効果という面から見ても、満足できる食事とは言えない場合が多いのではないでしょうか?


このように、面倒で満足が得られにくいエネルギー制限食ではない、新しい糖尿病食が最近、注目され始めています

その食事法はというと、糖質制限食というものです。

新療法 糖質制限食とは

糖質制限食とは、食事の中から、主食となるような白米、パンなどの炭水化物や、糖質の多いイモなどの野菜や、お菓子やジュースなどの甘いものを抜く食事法です。

レシピを考える際にも、カロリー計算をする必要はありません。


また、食事はタンパク質や脂質が中心としたレシピとなりますから、
満足感も高くなるような食事になるだろうと思います。

また、レシピの内容ももちろん重要ですが、食事の仕方にもコツがあります。


まず1つ目のコツは、血糖値を急激に上げやすいものを、最初に食べないようにするという事です。

たとえば、白米をどうしても食べる場合は、先に、汁物やタンパク質のおかずから食べるようにします。

これだけでも、血糖値の上がり方が、空きっ腹で食べるよりもゆるやかになるでしょう。


2つ目は、できるだけ、量を少なめに、回数を多めに食べるようにするという事です。

そのほうが、血糖値は安定するでしょう。

朝食を抜いて、あとでまとめて食べるというようなまとめ食いは、血糖値が急激に上がりやすいと言えます。


これらは、糖尿病だけでなくて、ダイエットなどでも同じことが言えます。

血糖値を上げすぎないようにすることは、肥満を防ぐのにも役立つということですね。


スポンサードリンク





■その他の関連記事 Pick up!



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional