糖尿病 症状 食事

糖尿病の運動療法とそのコツとは!

糖尿病の症状を食事で改善>糖尿病の治療>運動療法

糖尿病の運動療法

糖尿病には生活習慣の改善が必須となってきますが、その中でも運動療法を行なう際には、ちょっとしたコツを知っておくことが大切です。


糖尿病を心配する人や糖尿病の人の場合、もともと運動をしてこなかったという人がほとんどでしょう。

そのような人が、今日から運動療法を行なってくださいと言われたとしても、なかなか習慣化するのは難しいのではないでしょうか?

また、運動療法についてのコツを知らないままだと、個人差はあるようですが、いくら激しい運動療法を取り入れたとしても、血糖値が思ったように下がらないということもありえるかもしれません。

スポンサードリンク


運動療法のコツ

では、糖尿病の運動療法のコツとはどのようなものでしょうか?

それは、

・食事をしてから30分後に運動する
・運動時間は30~60分
・有酸素運動を行なう

ということの3つです。


「糖尿病の運動療法は食事をしてから30分後」

血糖値は食事をしてから、30から60分後が最も高くなると言われています。。

ですので、その時間帯を狙って運動を行わなければ、食後に高血糖になってしまいますので、糖尿病に対しての効果というのは薄れてしまうかもしれません。

「運動時間は30~60分」

だいたいこれぐらいの運動時間が血糖値に効果が出やすく、なおかつ継続しやすいと言えるようです。散歩であれば、2~3キロメートルを歩くくらいと考えて良いでしょう。

「有酸素運動を行なう」

これは息が上がり過ぎないように、ゆったりとした運動ということです。

散歩、水泳、サイクリング、ジョギング、エアロビクスのような運動です。



血糖値はカロリーが消費されて下がるというわけではなく、筋肉が収縮することによって、細胞が働き、血糖値を下げます。

ですので、激しい運動ではなくともゆったりとした運動療法で十分でしょう。

ただし、糖尿病が進行している人は、必ず医師に相談してから行なうようにしましょう。


スポンサードリンク




前へ前ページ「糖尿病に有効な食事療法とは!



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional