糖尿病 症状 食事

糖尿病の診断基準とは?

糖尿病の診断基準とは?

糖尿病は、これまで血糖値の診断基準だけでした。

血糖値による診断は、空腹時血糖値と、75グラムのブドウ糖を飲んでから
2時間後の血糖値を測るブドウ糖負荷2時間後値、
また、食前や食後にこだわらない随時血糖値などが診断基準以上だと、糖尿病だと診断します。


まだ知らない人もいるかもしれませんが、実は、現在では、この血糖値のみの診断基準に、
ヘモグロビンA1cの値も診断基準として加えられました。

ヘモグロビンA1cというのは、過去1~2ヶ月くらいの血糖値の動きがわかるというものです。

ですので、治療後に血糖値をどのくらいコントロールできているかという判断基準ともなります。


ヘモグロビンA1cの診断基準は6.1%以上で、糖尿病だとされています。

この診断基準値は日本だけの基準で、国際基準では6.5%以上で糖尿病とされているそうです。

これは日本でも2012年の4月から、一部を除いて、国際基準に切り替わるそうです。

数値が正常でも注意が必要!

血糖値の診断基準は、空腹時血糖値が126以上で糖尿病、
ブドウ糖を飲んでからの血糖値が200以上で糖尿病とされています。

血糖値がこれらの診断基準では正常だという人も注意しておきたいのが、
食後に血糖値が大きく上昇するタイプの人もいるということです。


このタイプの人は、集団検診などでは、空腹時血糖値しか測りませんので、
見逃されがちな場合が多いようです。

また、糖尿病予備軍だと言われているという人も、
血糖値を下げるための、生活習慣の改善を行う必要があるということです。


糖尿病予備軍とは、糖尿病境界型のことで、ほうっておくと糖尿病になりやすい人たちです。

糖尿病予備軍の人たちは、今までと同じような生活習慣のままでは、
糖尿病への道まっしぐらとなってしまいます。


そこでおすすめなのが、糖質制限食です。

カロリー計算の必要はなく、食事の中の糖質を減らすという食事方法です。
試しに一ヶ月やってみて、実際に効果を実感してみてください。




前へ前ページ「糖尿病の診断はどうやってされる?



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional