糖尿病 症状 食事

糖尿病で血管が傷つけられて起こる合併症の怖さ

糖尿病で血管が傷つけられて起こる合併症の怖さ

糖尿病は怖い病気だといわれていますが、いったいなぜ怖いと言えるのでしょうか?

実は、一般的に恐れられている糖尿病の症状というのは、糖尿病そのものの症状ではなくて、
糖尿病が引き起こした合併症による症状なのです。


糖尿病合併症としてよく知られているのは、腎症、網膜症、神経障害の3つです。

これらは、細い血管が高血糖によって傷付けられ起こる病気です。


それに対して、太い血管が傷付き障害されて起こる大血管症という合併症があります。

いわゆる動脈硬化と呼ばれるものです。

この動脈硬化は命に関わりますので、糖尿病の合併症の中でも特に問題が大きいといえます。

命に関わる糖尿病合併症

糖尿病になると、血液中のブドウ糖が多くなり高血糖状態が続くことになります。

その高血糖状態が、血管を傷付けて動脈硬化を促進させるのです。


動脈硬化によって、血管が狭くなります。

その結果、血流が阻害されて、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を引き起こします。


血管を傷付ける原因は高血糖状態ですが、
血糖値が急激に乱高下することが、特に悪影響だとされています。

ですので、血糖値の急激な上がり下がりを抑えるような対策が必要となってきます。

急激な血糖値の上がり下がりを抑える対策とは

そのためにどのような対策が出来るでしょうか?

血糖値は、精製された糖質をとると、特に急激に上がると言われています。


例えば、白いパンや白米、白砂糖などです。

これらの食品をできるだけ避けて、代わりに全粒粉パンやライ麦パン、
玄米、てんさい糖などに切り替えると良いかもしれません。

血糖値の上昇が穏やかになります。


そして、できるだけ糖質の量を減らすようにします。

食事の中心は、タンパク質と脂質になるように考えると良いでしょう。


タンパク質と脂質は、以前までは、糖尿病である場合は避けられていた食品です。

しかし、現在では、米国糖尿病学会でも認められた糖質制限食による食事療法として、
進んで食べて良いとされています。


タンパク質と脂質は、血糖値を下げ、からだを作る働きがあるからです。

食べ過ぎなければ、カロリー計算は必要ありません。




■その他の関連記事 Pick up!



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional