糖尿病 症状 食事

糖尿病の自覚症状にはどんなものがあるの?

糖尿病の自覚症状にはどんなものがあるの?

糖尿病の自覚症状には、どういった症状があるでしょうか?

一番よく言われる自覚症状に、のどが乾き水をたくさん飲むというものがあります。

また、夜中にトイレによく起きるという自覚症状や、疲れやすいという症状、
尿に泡が混じっていたり、体重が減ってくるという自覚症状もあると言われています。


これらは糖尿病の自覚症状ですが、実際に糖尿病になってしまった人のほとんどが、
これらの自覚症状に気づかないまま、いつの間にか糖尿病になってしまっていたと言います。

糖尿病の自覚症状というのは、意外にも感じにくいもののようです。

糖尿病の合併症

また、糖尿病には糖尿病合併症というものがあります。
実は、糖尿病の症状そのものよりも、この合併症がこわいと言われているのです。

糖尿病合併症には、脳こうそくや脳出血のような脳血管障害、
心筋梗塞や狭心症のような冠動脈硬化症、下肢閉塞性動脈硬化症などの
大血管症と呼ばれるものがあります。


血管への影響では、他にも全身の細小血管が障害されて起こる細小血管症と呼ばれるものがあります。

その中でも、三大合併症と呼ばれているのが、
糖尿病性網膜症糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害です。

糖尿病合併症の自覚症状

これらのような合併症にも、自覚症状があります。

たとえば、手足がしびれたり、むくんだり、目がかすんで視力が低下したり、
足の裏に何か付いているような感覚がしたり、こむら返りなどがあります。


これら糖尿病合併症の中で、最も早い段階から起こる合併症は糖尿病性神経障害です。

ます手足がしびれてきたり、感覚がにぶくなってきます。
そのまま放っておくと、壊疽してしまい手足を切断しなければならなく
なってしまいます。


次に糖尿病性網膜症が起こり、その次が糖尿病性腎症です。
腎症を起こすと、血液透析が必要となります。

これらの予防には、生活改善による血糖値コントロールをすることが一番です。

この生活改善以外にできる予防はないといっても良いかもしれません。
日頃からの血糖値を安定させるような生活が重要といえるでしょう。




前へ前ページ「糖尿病の診断基準とは?



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional