糖尿病 症状 食事

糖尿病を看護するときの多くの悩みは食事!?

糖尿病を看護するときの多くの悩みは食事!?

糖尿病である家族を、看護している家族にとって、
糖尿病の食事というのはとても悩みの多い問題ではないでしょうか?

糖尿病のために、カロリー制限食による食事療法を実践しているのであれば、
糖尿病である本人だけ、看護している家族と違うメニューにする必要があるため、
レシピを考える際に、かなり手間の多いものとなってしまいます。


カロリー制限食は、厳密なカロリー計算が必要になってきますので、
毎食毎食、カロリー計算をするのは、とても苦労が多い作業となるでしょう。

また、糖尿病である本人はボリュームの少ない食事を食べているため、
看護している家族だけ違う、高カロリーのごちそうを食べるわけにもいかず、
一緒に食事を取るのにも、気を遣ってしまうかもしれません。


更に、なかなか血糖値がコントロールできない場合は、
看護している家族も辛い思いを抱くでしょう。

このような様々な看護にまつわる問題を解消することが可能な食事療法があります。

それは、糖質制限食による食事療法です。

糖質制限食とはどんな食事療法か

糖質制限食とは、食事の中の糖質を減らす食事療法です。

血糖値を上げるのは、糖質だけですから、その糖質の量を減らす食事をすることで、
簡単に無理なく血糖値コントロールが可能です。


食事の中心はタンパク質と脂質が中心となりますが、これらは血糖値を下げたり、
からだを作る働きがあるので、積極的に食べるようにします。

カロリー計算の必要はありませんので、
看護する家族にとってもうれしい食事療法だと言えるでしょう。


また、カロリー制限食とは違って、ボリュームがあり満足感が高い食事療法です。

なおかつ、血糖値コントロールの効果がとても高いと言われています。


目に見えて、血糖値が改善していきますので、看護する家族もうれしくなるでしょう。

糖質制限食は、糖尿病である本人も、看護する家族もみんなが、
笑顔になれる食事療法だと言えるのではないでしょうか?


薬での糖尿病治療を始めている場合には、

医師に相談のうえで糖質制限を行うようにしてください。




■その他の関連記事 Pick up!



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional