糖尿病 症状 食事

糖尿病がもたらす症状ってどんなもの?

糖尿病の症状を食事で改善>糖尿病の基礎知識>糖尿病の症状

糖尿病がもたらす症状ってどんなもの?

'糖尿病とは、血糖値が慢性的に高くなる病気です。

どうして血糖値が慢性的に高くなるのかというと、血糖値を下げる働きをする
ホルモンであるインスリンが、うまく働かなくなるからです。

ですので、糖尿病は、インスリン機能低下症だと言いかえることもできるでしょう。


また、インスリンはすい臓から分泌されますので、
重度のすい臓の疲労の結果が糖尿病だということができます。

では、糖尿病になるとどのような症状があらわれるのでしょうか?


・疲れやすい
・喉が渇く
・水を大量に飲む
・夜中にトイレで目が覚める
・食後に眠たくなる
・体重が減る
・尿に泡が混じっている

これらのような症状を自覚することが多いようです。

これらの自覚症状は、糖尿病になって血糖値が高い状態が続くことで起こると言われています。

つまり、糖尿病の初期の段階で見られる場合が多い症状です。


そして、糖尿病が進んでいくと、様々な糖尿病合併症が起こり始めます。

だいたい糖尿病によって血糖値が高い状態が3年以上続くと、
糖尿病合併症があらわれるとされているようです。

糖尿病初期の段階では、高血糖は簡単に解消しやすいようですが、
次のような症状がある場合には、糖尿病の合併症を起こしている可能性があり、
治療が難しくなってきます。

糖尿病合併症がもたらす症状

・むくみ
・手足の先にしびれがある
・こむら返りがある
・目のかすみ
・視力の低下
・足の裏に何かはりついている感覚がする

以上のような症状です。


高血糖状態が続くことによって、血管が傷付き、動脈硬化や神経障害、
網膜症、腎症などの合併症へ進んでいきます。

血糖値が高くなって糖尿病になっても、自覚症状というのはあまりなく、
これらのような合併症を発症することで、糖尿病であることに初めて気付く場合も多いようです。

糖尿病合併症の自覚症状

この糖尿病合併症の自覚症状のひとつに手足のしびれがあります。

糖尿病合併症は、神経、目、腎臓の順番で起こると言われています。
神経が障害されることで、手足にしびれを感じるようになります。

ですので、糖尿病合併症の中でも、初期の段階に手足のしびれがあらわれるということです。


この手足のしびれは、かゆみや痛みとして感じる人もいるそうです。

どのような自覚症状であるにしろ、高血糖が血液をどろどろにし、
全身の細小血管が障害されることで、手足の先に違和感が起こるというしくみです。

放っておくと、いつの間にかしびれが消えたような、
または軽くなったように感じることがあるかもしれません。

しかし、その時には、すでに糖尿病合併症がかなり進行してしまっていて、
感覚自体がなくなってしまっている場合もあるようです。


ここまで進行してしまうと、壊疽にまで至ってしまうことになります。

そうなると、手足の切断をしなければならなくなるでしょう。

ここまで糖尿病合併症が重症化しても、劇的な自覚症状というものがない場合も多いようです。


手足のしびれなどの症状は、日常でよく起こりうる症状のひとつでもありますし、
普段から健康管理に気をつけている人でもない限り、気付きにくい自覚症状だといえるでしょう。

だからこそ、糖尿病という病気はおそろしい病気だと言えるのです。

糖尿病そのものより合併症が怖い

糖尿病というのは、糖尿病そのものよりも、これらの合併症を引き起こすことが
怖い病気だと言えるのです。

早い段階で糖尿病であることを発見できれば、それだけ早く治すことができます。

まずは、自分が糖尿病のどの段階にいるのかを知ることが大切です。
そして、自分に合うふさわしい治療を始めていきます。


糖尿病の治療については、いろんな治療法がありますが、
最近では、食事療法が比較的改善しやすい治療法だと言われています。

しかし、食事療法は適切なやり方で実践しなければ効果は現れません。

糖尿病の食事について調べるときは、どうして効果があるのか、
きちんとした理由まで含めて調べてみると正しい情報を得ることができるでしょう。

そのようにして、しっかり納得した上で実践することが大切です。




前へ前ページ「糖尿病とはどんな病気?



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional