糖尿病 症状 食事

糖尿病検査が重要な理由とは?

糖尿病検査が重要な理由とは?

糖尿病のなってしまった人は、どのくらいのペースで検査を受けているでしょうか?

検査はなんとなく嫌だという人も多いかもしれません。

しかし、糖尿病になった場合、定期的に検査を受けることはとても重要になってきます。


どうして、糖尿病になってしまった人が検査を受けることが大変重要なのでしょうか?

それには、いくつかの理由があります。


ひとつは、薬の副作用をチェックするためだと言えます。

糖尿病の薬の副作用で一番多いのは肝臓障害だそうです。

肝臓障害で死亡してしまった例もあるそうです。


肝臓というのは、悪くなっても自覚症状がない場合がほとんどで、
体がだるかったり、
黄疸が出るといった症状が出たときには、手遅れであることも多いようです。


他にも、検査が必要な理由として、
糖尿病の合併症をチェックするためという理由が挙げられます。

糖尿病になると、合併症にかかってしまうことが多いので、
病気の進行度を定期的に検査する必要があります。

また、定期的な尿検査で、糖尿病腎症に進行していないかも調べることが大切です。


そして検査をすることで、自分の生活習慣の改善が適切に行われているのか確認できます。

また、くじけてしまいそうになった時のやる気の元になるかもしれません。


血糖値のコントロールというのは、とても努力が必要なことで
がんばらなければ維持は難しいものです。

定期的な検査をすることで、負けないように自分を奮い立たせる必要が出てくるかもしれません。

糖尿病の検査の頻度はどのくらい?

では、糖尿病検査はどのくらいのペースで行くのがよいのでしょうか?

医師によっては、年に1回とか2回という場合もあるでしょう。

しかし、薬の副作用や合併症などの進行を少しでも食い止めるためには、
月に1回のペースで検査を受けるのが一番良いと言われているようです。


自分で糖尿病の症状を食事や運動で改善していると言う人は、定期的な検査を受けることで、
自分が実践している療法の効果が目に見えて確認することができますので、
糖尿病治療を続けていく励みになるのではないでしょうか?




■その他の関連記事 Pick up!



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional