糖尿病 症状 食事

糖尿病に有効な料理レシピとは!

糖尿病に有効な料理レシピとは!

糖尿病の料理のレシピのひとつとして、糖質制限食を採用したレシピを紹介します。


まず、糖質制限食とは、2008年に米国糖尿病学会も糖尿病の標準食として認めるようになった食事療法のひとつです。

その糖尿病料理のレシピのポイントは、食事の中から糖質を避けるということです。


たとえば、主食となるごはんや麺、パンなどは避けます。

また、糖質の多いいもなどの野菜も避けます。

もちろんお菓子やジュースなども避けるようにします。

こうすると、料理はタンパク質や脂質がほとんどを占めるおかず中心となります。


従来の糖尿病の食事は、脂質やタンパク質を避けるカロリー制限食が主流でした。

しかし、この糖質制限食では、タンパク質や脂質は体を作る重要な役割があるためにしっかり摂ります。

糖尿病料理としては、カロリーが高めで心配になるかもしれませんが、血糖値を上げるのは糖質なので、タンパク質や脂質を摂っても大丈夫というのが、この糖質制限食の理論なんだそうです。

スポンサードリンク


糖尿病の料理レシピの例

ですから、糖尿病料理のレシピとして、みそ汁の具であれば、じゃがいもより、もやしを選ぶようにします。

煮物であれば、里芋の煮物より、大根とイカの煮物が良いでしょう。


小松菜を使ったレシピであれば、カロリーは気にしないでいいので、
ごま和えやピーナッツ和えにすることで美味しく、栄養もたっぷりとれます。

料理の味付けは、甘くない味付けがポイントです。


甘くないと物足りないというもいるでしょう。

ですが、タンパク質や脂質は減らす必要がなく、鶏肉や魚などから良質のだしが取れますので、薄味でもおいしい料理ができるはずです。


ただし、料理のレシピを考えるときに、大食いの人だけは、カロリーを気にしたほうが良いかもしれません。

一気にたくさん食べることは、血糖値の急激な上昇につながりますので、いくら糖質を抜いたレシピ料理だとしても、気をつける必要があります。

この糖質制限食は、カロリー計算の必要がなく、血糖値を下げるのに効果が高い料理方法と言われてますので、ぜひお試しください。


スポンサードリンク





■その他の関連記事 Pick up!



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional