糖尿病 症状 食事

糖尿病の原因っていったい何?

糖尿病の症状を食事で改善>糖尿病の基礎知識>糖尿病の原因

糖尿病の原因っていったい何?

糖尿病は何が原因で発症するのでしょうか?

まず、糖尿病がどのような病気かということから考えていくとわかりやすいと思います。

糖尿病の症状とは、すい臓から出るインスリンの量が少なかったり、
インスリンの効きが悪くなったりして、血糖値を下げることができなくなる病気です。

言い換えると、インスリン機能低下症とも呼ぶことができます。


そしてこれは、重度のすい臓の疲労が原因で起こるそうです。

では、すい臓を酷使して疲弊させる原因にはどんなことがあるでしょうか?

たとえば、炭水化物や糖質の取り過ぎ、肥満、まとめ食い、運動不足などが
原因として挙げられます。

これらの原因をひとつずつ見ていきましょう。

糖尿病の原因を検証してみよう

● 炭水化物の過剰摂取

まず、ご飯やパン、麺類などの炭水化物を取り過ぎると、
消化されたときに糖質へと変わりますので、血糖値が上がり、すい臓に負担がかかります。

特に、精製された炭水化物の方が、血糖値が急激に上がります。


● 糖質の過剰摂取

また、ブドウ糖や砂糖、果糖といった糖質の取り過ぎは、
日本人の糖尿病者数の激増の主な原因だとされています。

お菓子やケーキが良くないのはもちろんですが、ジュースにはたくさんの糖質が入っています。


それら糖質が消化される必要がないために、一気に吸収されて急激に血糖値を上げ、
すい臓にかなりの負担がかかります。

この感覚は、一種の依存を引き起こす場合があり、ジュースやコーラなどが
手放せない人のことを、ペットボトル症候群と呼び、特に若者の間で問題となっています。


● 肥満

また、肥満だと、血糖値を下げるために大量のインスリンを必要とするため、
すい臓の負担の原因となります。


● まとめ食い

また、まとめ食いは、朝食を抜いてあとでまとめて食べると、
血糖値が一気に上げるため、すい臓疲労の原因となります。


● 運動不足

そして、運動不足についてですが、運動をすれば、食べても血糖値は上がらず、
すい臓への負担もありません。

しかし、現代社会では、家事で動いたり、歩いたりする機会も減ってきていますので、
運動不足になりやすいと言えます。


以上のような生活習慣の乱れが12年以上続くことが原因で、糖尿病になると言われています。




前へ前ページ「糖尿病の初期症状はどんなものがあるのか?



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional