糖尿病 症状 食事

糖尿病の初期症状はどんなものがあるのか?

糖尿病の症状を食事で改善>糖尿病の基礎知識>糖尿病の初期症状

糖尿病の初期症状はどんなものがあるのか?

糖尿病の初期症状には、どのようなものがあるでしょうか?

例えば、
・よくのどが乾くようになった。
・たくさん水を飲むようになった。
・夜間にトイレに起きることが増えた。
・体重が減ってきた。
・食後に眠くてしかたがない。
・尿に泡が混じっている。
・疲れやすい。

糖尿病になると、これらのような初期症状があるようです。


しかし、実際には、糖尿病の初期症状というのを自覚しないままに、
糖尿病の症状が進行していったという人が多いそうです。

糖尿病の初期症状の自覚が感じられなくても、
体内では、高血糖によってすこしずつ血管が傷つけられています。

そうして、徐々に、さまざまな症状が病気として現れてきます。
その時に初めて、糖尿病になっていたことを知るという人が多いのです。


ですので、糖尿病の初期症状が現れている段階で気づくことが大切です。

普段から、自分のからだに関心を持ち、からだの声に耳を傾けるようにしたいものです。


糖尿病が重症化してから気づいたという人も、
思い返してみると、そういえばあの時体調に変化があったと感じるようです。

からだからの悲鳴のサインを見て見ぬふりをしないで、
生活習慣を見なおしたり、検査に行ったりといった糖尿病対策をオススメします。

糖尿病の初期症状をほっておくと合併症の恐れも

糖尿病の初期症状があらわれてからも、そのままの生活を続けていくと、
やがては、糖尿病合併症へと進行することとなります。

糖尿病の合併症は、からだのあらゆる場所に現れます。


どこに現れるかは、人によって違いますが、
特に、神経、目、腎臓にあらわれることが多いようです。

糖尿病は糖尿病自体よりも、その合併症が怖いと言われています。


合併症の中には、命に関わるものもあるからです。

しかし、糖尿病の合併症も初期症状で気づくことが出来れば、
進行を食い止めたり、回復できる場合が多いです。

ですから、小さなからだの変化でも、なんだかおかしいなと感じたら、
検査に行ったり、生活習慣を改めたりして、からだを大切にすると良いでしょう。




前へ前ページ「糖尿病がもたらす症状ってどんなもの?



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional