糖尿病 症状 食事

糖尿病の予防にオススメの糖質制限食とは!

糖尿病の症状を食事で改善>糖尿病の基礎知識>糖尿病の予防

糖尿病の予防にオススメの糖質制限食とは!

糖尿病治療の方法のひとつとして、糖質制限食という食事療法があります。

食事から、主食となるごはんや麺などの炭水化物や、芋など糖質を多く含む野菜、
甘いものなどの糖質を抜くというやり方です。

この糖質制限食は、糖尿病患者のためのものだけではありません。

糖尿病の予防にも効果があると言われています。


また、糖尿病の予防だけでなく、疲れやすいという人や精神的に不安定になりやすい人や
ダイエットしたいという人などにも、効果が期待できる場合があります。

糖尿病の予防のために始めた食事療法だけれど、続けてみた結果、
体がかるくなったとか、気分が安定した、肌がきれいになったなど、
他にも、長年悩まされていた症状が軽くなったという声も多いようです。


すでに糖尿病になってしまっているという人は、厳密な糖質制限がふさわしいのですが、
糖尿病予防や体質改善などを目的に糖質制限食を始めるのであれば、
もっとゆるいルールで行なっても効果は感じられでしょう。

まずは、一ヶ月試してみると良いかもしれません。


一ヶ月でも、多少なりとも、体や心が何かしら変化しているのを感じることができるはずです。

そうしてみて、自分に合っているかどうか、納得して続けるかどうか決めると良いでしょう。

糖質制限食のポイントは

糖尿病予防の糖質制限食のポイントは、食品のGI値を参考にするということです。


それぞれの食品にはGI値というものがあります。

GI値とは、血糖値の上がりやすさを数値にして表したものです。

ですので、なるべくGI値が高い食品は避けるようにします。


例えば、白米より玄米、白砂糖よりてんさい糖の方がGI値は低く、
血糖値の上昇がゆるやかです。

ただし、GI値が低いからといっても、炭水化物や糖質は避けた方が効果は現れやすいので、
可能な限り、糖質を避けたほうが良いと言えます。


しかし、ストレスがたまっては逆効果ですので、無理せず行うのが良いでしょう。

食事で糖尿病の予防をしながら、体質改善までできて、
心も体も美しくなれる食事療法はオススメです。



前へ前ページ「糖尿病の原因っていったい何?



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional