糖尿病 症状 食事

糖尿病にハーブが効果的!?

 糖尿病にハーブが効果的!?

糖尿病に効果があるとされているハーブ(薬草)を、よく見かけるようになりました。

自分に合ったハーブを用いれば、高い効果が得られるようですが、
糖尿病と一口にいっても、一人ひとりの症状や状態は違います。

ですから、本当に自分に合ったハーブに巡り合えることは稀だと言えるかもしれません。


むしろ、ハーブによる副作用の方が大きくなってしまうかもしれないということを、
頭に入れておきたいものです。

どうしても、糖尿病のためにハーブを利用してみたいという場合は、
そのハーブがどのような仕組みで糖尿病の症状に効果が高いのかということをよく確認してから、

さらには、通院中であれば、主治医に相談してから使うようにしたほうが良いと言えるでしょう。

ハーブの種類と選び方

市販されているハーブには様々な種類のものが出ており、血糖値を下げる働きのもの、
糖質の吸収を穏やかにするもの、インスリンのような働きをするものなど、
その効能はそれぞれで違っているのです。


以前に、ダイエット用のサプリメントを飲んだ人が、
血糖値が下がり過ぎて死亡したという例があるそうです。

ハーブについても、自分に合っていなければ、同じように危険が伴います。


ですので、ハーブを選ぶ際には、なんとなく人気商品だからだとか、よく宣伝されているから
といった理由で選ぶのではなく、自分に合っているかどうかで選ぶようにしたいものです。

また、ハーブティーなどの中には、粗悪品も出回っており、
内容のほとんどが普通の緑茶などであるものもありますので、気をつけましょう。

ハーブをうまく利用しよう

ハーブの利用の仕方として、糖尿病の食事療法では全体的に薄味になる場合が多いと思いますので、
料理の味付けにハーブを少し使ってみるということができます。

塩や砂糖の代用となるようなハーブを使うことで、塩や砂糖を減らすことができます。


また、ワンパターンになりやすい味付けもハーブでアレンジを加えることができます。

上手にハーブを利用して、糖尿病治療のストレスとうまく付き合いながら、
改善を目指していきましょう。



■その他の関連記事 Pick up!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional