糖尿病 症状 食事

糖尿病の合併症

糖尿病の合併症【一覧】

近年、糖尿病の患者数は年々増え続けています。糖尿病予備軍もあわせると2000万人以上いるとも言われていて、誰もがなりえる現代病の一つです。
糖尿病で怖いのは糖尿病そのものよりも、糖尿病が進行しておこる合併症です。そもそも糖尿病というのは自覚症状があまり感じられません。自分でも気付かないうちに糖尿病になっていて、合併症の症状が出て初めて自分が糖尿病だと気付く方も少なくはないのです。
合併症は糖尿病で血糖値が高い状態が長期的に続いて、血管が傷つけられることで引き起こされます。高血糖が続いて起こる血管障害ともいえます。
糖尿病合併症の中でも、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害の3つは、三大合併症と呼ばれていて、特に注意が必要です。その他にも動脈硬化が進行して起こる大血管症もあります。
糖尿病の合併症は初期段階に気付き、ちゃんとした治療を行えば進行を止めることもできます。まず、一人ひとりが糖尿病の知識を身につけ予防することが第一ですが、もし糖尿病や合併症になったとしても、進行段階を知り、食事療法などで自分にあった治療法を見つけることも重要です。


  • 糖尿病で怖い合併症とは?
    糖尿病には自覚症状というものがあまり感じられません。合併症になって初めて自分が糖尿病であることに気づく方も多いのです。血糖値が高い状態が続くことによって合併症を引き起こすのですが、合併症の中でも命に関わる怖い合併症があるのです。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional