糖尿病 症状 食事

糖尿病いろいろ

糖尿病のいろいろ【一覧】

糖尿病とは、血糖値と言われる血液中のブドウ糖の量が、慢性的に高くなってしまう病気です。血糖値が高くなる原因は様々ですが、主には食生活や環境や運動不足、遺伝的要因などもあります。
糖尿病といっても種類があり、1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠による糖尿病、その他の糖尿病と大きく4つの種類に分かれます。
生まれつき、すい臓の機能が良くないために起こるのが1型糖尿病。2型糖尿病はインスリンの効きが悪くなり、分泌も不足するため、それが組み合わさって起こる糖尿病です。
そして、血糖値が正常な人でも妊娠したのをきっかけにホルモンバランスが原因で糖尿病になる人もいます。それぞれの治療法がありますが、1型糖尿病以外なら食事療法で改善することも可能だといわれています。
糖尿病については、糖尿病学会というものがあり、そこで糖尿病治療に役立つ最新のガイドラインが発表されています。糖尿病学会のホームページでは糖尿病についての知識が日々更新されていますので、参考にしてみてはどうでしょう。
糖尿病のことをよく知っておくということは、糖尿病の予防するという意味でも、糖尿病と戦うためという点でも、とても重要なことといえるでしょう。
ここでは糖尿病についての様々な情報を紹介しています。


  • 妊娠で糖尿病を発症することも?!
    もともと健康体だった人が、妊娠をきっかけにして糖尿病を発症してしまうことがあるそうです。その為、妊娠した方が受ける妊婦検診の中には糖尿病検査が含まれています。もし、妊娠糖尿病になってしまったら、薬は使うの?出産すれば治るの?・・・妊婦となれば一般的な治療と同じというわけにはいきません。
  • 糖尿病学会とは何でしょう?
    糖尿病学会というとなんかすごそうな機関に聞こえますね。昭和33年から活動を行なっている団体で、名前のとおりなのですが、糖尿病に関する講演活動や出版物を発行するなど糖尿病に関するいろいろな情報を発信しています。また糖尿病に関するガイドラインなど、いろいろな情報が昔と今では変わっていることもあるので、暇なときにでも確認してみるといいかもしれません。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional